ベッツメディカ事業部 獣医療専用サプリメント

製品リスト

獣医師向けサイト TOP > 製品リスト

獣医療関
係者向け情報

製品の特長

1. 2つの頼れる抗炎症天然成分

高吸収性クルクミン(BCM-95)  特許製法1)

AKBA*高含有ボスウェリア・セラータ抽出物(Bos Pure)

*3-O-Acetyl-11-keto-beta-Boswellic Acid

2. bio availability 高い生体利用

吸収性(AUC)が7倍*

血中残存時間が2~3倍*

*既存のクルクミン製品と比較

3. 身体にやさしく長く使える

各種安全性試験

肝機能を同時にサポート

4. 配合率はゴールドスタンダード

2つの成分を最適配合 米国ヒト用・動物用サプリメントで実績

5. 豊富な臨床データ

ヒト・動物データ 抗炎症・生体内利用 変形性関節炎・関節リウマチ

1) 特許第5039032号、5511895号、WO/2006/129323/us8.197.869

抗炎症成分の
高い吸収性、長い血中残存時間を実現

炎症抑制、肝機能改善など広く研究されているクルクミンは、吸収性が低い脂溶性物質です。しかしディーセイドは、特許製法原料(BCM-95®)採用により、高い吸収性と長い血中残存を実現しました。

イメージ

→ 血漿中のクルクミン濃度7倍

→ 血漿中の残存時間2倍

(Antony B. Indian Journal of pharmaceutical science, 2008)

特許製法により徐放性が上がるため、クルクミンの吸収性と生理活性がアップ

*原料の高吸収性クルクミノイド複合体(BCM-95®)はシュウ酸フリーです。

2つの抗炎症成分がアラキドン酸カスケードをブロック

イメージ

クルクミンによる炎症反応抑制のメカニズム
クルクミンは、アラキドン酸の代謝を調整するシクロオキシゲナーゼ経路とリポキゲシナーゼ経路の両方を抑制する数少ない物質です。
AKBA*(ボスウェリア・セラータ)による炎症反応抑制のメカニズム
炎症発生機構の1つであるアラキドン酸カスケード上で、5-リポキシゲナーゼを阻害することにより、炎症促進物質であるロイコトリエンの発生を抑制します。

*3-O-Acetyl-11-keto-beta-Boswellic Acid

ディーセイドの変形性膝関節炎に対する臨床評価 NSAID(セレコキシブ)との比較

試験方法 ランダム化群間比較試験
対象 変形性膝関節炎患者(ヒト) 28例
割付 ディーセイド群(n=14):ディーセイド(活性成分500mg相当*) ×2回/日
セレコキシブ〔非ステロイド性抗炎症薬〕群(n=14):セレコキシブ 100mg×2回/日
服用・評価期間 12週間、最低8回来院
割付 整形外科医による ①症状のスコアリング、②臨床所見評価、③安全性評価
① 関節痛の程度と歩行距離
② 関節の圧痛(触診)・軋み・腫脹、関節可動域(角度計)、膝頭5cm上の周囲径、温感、足どり
③ バイタルサイン、血液生化学所見、肝機能、腎機能
※関節痛、関節の圧痛・軋みについては、医師による4段階評価(なし、軽度、中程度、重度)

イメージ

まとめ
ディーセイド摂取により、非ステロイド性抗炎症薬セレコキシブ(200mg/day)摂取と同等の有意な改善効果が以下の項目で確認された。
①関節痛 ②歩行距離 ③関節の圧痛 ④関節の軋み ⑤膝の可動域

(Molecular Medicine Reports, 2013)

安全性(ラット試験)

高吸収性クルクミノイド複合体 BCM-95®
  • 催奇形試験1500ppm 
  • NOAEL* 847mg/kg BW<
  • 亜慢性毒性試験 750mg /kg BW
ボスウェリア・セラータ抽出エキス BosPure®
  • NOAEL* 500mg/kg BW<

*No Observed Adverse Effect Level